話す英会話のkids-abc

中学生の英文法記事一覧

ほとんどの日本人が、中学生の時この英文法が始まる頃から英語が嫌いになります。そして話せないつまらない英語の勉強が大学入試まで続きその後は一切英語から離れてしまいます。たまたま社会人になって英語が必要でもない限り英語は学問で終わります。最近では、小学生から英語の授業を始める事となり日本人の英語力を高める努力がなされているのですが、内容はやはり英文法が中心になってしまいそうです。言葉の基本は、コミュニ...

基本五文型について少し勉強してみましょう。S(subject)⇒主語V(verb)⇒動詞O(object)⇒目的語C(complement)⇒補語これら4個の要素の並べ方に基本的な規則があります。実際の会話でもこの規則を基本に、文に修飾(どこで・何時に・何色など)が加わったり、省略(命令文など)や倒置(疑問文など)が行われて、文にその時の感情や詳細などが付加されています。実際は、日本語でもそうです...

☆現在完了・過去完了☆だいたい日本の英語教育では、このあたりから英語嫌いの日本人を育成し始めます。一つにはテスト問題を作るのに便利で、試験のための英語になり、話すための英会話から離れていく分岐点だからです。しかし、完了型は会話には欠かせない繊細な表現を行うための重要な道具なのです。完了型が作り出す表現を経験・継続・完了などと分けてそれぞれを皆さん覚えていると思うのですが、実際の会話でそんな事を考え...

仮定法について少し勉強してみましょう。だいたい日本の英語教育では、このあたりから英語嫌いの日本人を育成し始めます。一つにはテスト問題を作るのに便利で、試験のための英語になり、話すための英会話から離れていく分岐点だからです。ただ日本語でも、「私がもっとスマートならあの素敵な服が着れるのになぁ~」などの様にいつでも願望や仮定を言う表現は日常会話には頻繁に出てきますので、使いこなせなければ、会話になりま...

日本語の「~させる」に訳される使役動詞に英語には make get have let などがあります。これらの使役動詞の感覚の違いが、分かっていない方が多いのではないでしょうか。それぞれの使い方を日常英会話で間違えると、「そんなひどい言い方をしなくても」などと思われたり、また逆に、「もっと強く言ったら」などと自分の思いとは別の意味合いが相手に伝わってしまいます。それぞれを英単語を比較しながらその違...