話す英会話のkids-abc

フォニックス・Wwの基本

子音wの発音は、日本人が英語の発音の勉強をするときにRやLは一生懸命練習しますが、何故かあまり気にされない発音で、実際に英語の学習においてもこの発音に関しては話題に出てきません。
ですのでかなり英語が話せる方でもできていないときがあります。

 

日本語の『う』に似ていますが、かなり違います。

フォニックス・Ww

日本語の『う』は疲れたときにう~うなどと言って緊張の無い状態の音ですが、英語wの発音は唇に緊張が必要です。
最初に唇を丸めて前に突き出しでひょっとこのような口の形を作ります。

 

この唇を突き出した状態で『ウー』と言ってみてください。その後に『ワッ』と言いながら唇の緊張を緩めます。 この瞬間に出てきた『ウワッ』の音がwの音になります。
ただし日本語で『ウワッ』と言ってはだめですよ。瞬間にこのウとワッが重なった感じです。

 

wの音を発音するときには、日本語と違ってかなり息が強く出てきます。手を口の前において息を感じないようでしたらまだまだです。
このwの音はかなりの日本人が気にせずに日本語の『う』の発音のままに平気で発音していて、できていない発音の代表になります。

 

昔ある女優さんがネイティブの前で英語を話さなければならないので、発音のトレーニングをしている映像を見たことがありますが、そのとき、かなりの時間このwの発音に苦戦していたのを覚えています。

 

日本語との違いは -フォニックスとは-を参考にして下さい。