話す英会話のkids-abc

フォニックス・Tt・Ddの基本

子音tとdの発音は口の形は同じで、舌先を上の前歯の裏にあてて口の中に息を貯めて一気に舌先を離して息を出した時にでる『トゥ』と聞こえる破裂音です。

 

違いは声帯を使用する有声音か息だけて音を作る無声音の違いです。

フォニックス・Tt

舌先を上の前歯に裏に付けて口の中に空気を貯めてかなり空気が口の中でいっぱいになったところで一気に『トゥ』と息を吐き出してください。

 

実際にはtは無声音ですので声帯は使用しませんから声というよりも破裂したときの音がそのように聞こえる感じです。
英語はこのように息を大量に使用する子音の発音が多いですので、慣れるまでは日本語に比べて息苦しい感じがするかもしれませんが練習していくとしだいに英語に合った楽器に口がなっていきます。
最初は大げさなくらいに大きく息を出して大きな音で練習しましょう。そうすることで早く口が慣れてきます。

 

日本語トゥのと違い一瞬の破裂音であることと、何か嫌なことがあったときにチェというあんな感じが必要です。なにしろ日本語より意識的に音を大きめにするといい感じです。

 

日本語では、トゥ~と言ってゥをつけてしまいますが、英語の発音ではゥは厳禁です。

 

日本語との違いは -フォニックスとは-を参考にして下さい。

フォニックス・Dd

舌先を上の前歯に裏に付けて口の中に空気を貯めてかなり空気が口の中でいっぱいになったところで一気に『ドゥ』と低い声を喉の奥がら出しながら息を吐き出してください。

 

このときに低い声とともに『ドゥ』と出た音がdになります。
英語はこのように息を大量に使用する子音の発音が多いですので、慣れるまでは日本語に比べて息苦しい感じがするかもしれませんが練習していくとしだいに英語に合った楽器に口がなっていきます。
最初は大げさなくらいに大きく息を出して大きな音で練習しましょう。そうすることで早く口が慣れてきます。

 

日本語のドゥ~と違い一瞬の破裂音であることと、何かが爆発した時にド~ンと日本語で言うあんな力強い音が必要です。日本語より意識的に音を大きめにするといい感じです。

 

日本語では、ドゥ~と言ってゥをつけてしまいますが、英語の発音ではゥは厳禁です。

 

日本語との違いは -フォニックスとは-を参考にして下さい。