話す英会話のkids-abc

フォニックス・Mmの基本

子音mの発音は、唇を閉じてそのまま『ムー』と鼻から声を出します。

フォニックス・Mm

日本語の『む』は、唇を丸めて口から音を出しますが、英語のmは唇は閉じてそのまま『ン』と鼻から音を出します。
このようなことからこの音は鼻音などとも呼ばれています。

 

実際に単語を発音する場合には次にくる母音に影響されてmの音の語尾は変化します。
motherならoに引っ張られて『ンーマ』になり、makeならaに引っ張られて『ンーメ』のようになります。
mのあとに母音が来ないroomなどの場合には『ンーム』のような発音になり鼻から『ンー』といいながら声を出して最後に唇を『ム』と言いながら軽く破裂させます。

 

このときに日本語では、ムゥと言ってゥをつけてしまいますが、英語の発音ではゥは厳禁です。

 

どの場合も『ン』の発音はあくまでも鼻音であることを忘れてはいけません。
日本語の『む』の発音ではどんなに英語らしく言っているつもりでも日本人の英語になってしまいます。

 

日本語との違いは -フォニックスとは-を参考にして下さい。