話す英会話のkids-abc

フォニックス・Ff・Vvの基本

子音fとvの発音は口の形は同じで、上の歯の先に下唇を当てて口の両端を少し上げてそのまま『フー』と口の両端から息を吐き出したときに出る音です。

 

違いは声帯を使用する有声音か息だけて音を作る無声音の違いです。

フォニックス・Ff

上の歯の先に下唇を当てて口の両端を少し上げてそのまま『フー』と口の両端から息を吐き出したときに出る音です。

 

日本語のフーは唇が丸まるのですが、英語のtの発音では丸めてはいけません。
あくまでも無声音ですので、息だけで音を作ることを忘れないでください。

 

この音は破裂音ではありませんので一瞬の音ではなく、摩擦音として長く発音することができます。
下唇を上の歯でに当ててその状態で両端がら漏れる音がポイントで、日本語には近い感じの発音が無いので練習あるのみです。

 

日本語では、フゥーと言ってゥをつけてしまいますが、英語の発音ではゥは厳禁です。

 

日本語との違いは -フォニックスとは-を参考にして下さい。

フォニックス・Vv

上の歯の先に下唇を当てて口の両端を少し上げてそのまま『ブー』と口の両端から息を吐き出ながら声をお腹から出した時に出る音です。
このときに歯と下唇に振動が起きていればいい感じです。あまり長くやると口の回りがくすぐったくなりますのでほどほどに。

 

日本語のブーは唇が丸まるのですが、英語のvの発音では丸めてはいけません。

 

この音は破裂音ではありませんので一瞬の音ではなく、摩擦音として長く発音することができます。
下唇を上の歯でに当ててその状態で歯と唇に振動が感じられるのがポイントで、日本語には近い感じの発音が無いので練習あるのみです。

 

日本語では、ブゥーと言ってゥをつけてしまいますが、英語の発音ではゥは厳禁です。

 

日本語との違いは -フォニックスとは-を参考にして下さい。