話す英会話のkids-abc

フォニックス・Cc・Kk・Ggの基本

子音cとkとgの発音は口の形は同じで、
日本語の『く』を発音するときと同じように舌の奥と喉の奥をしっかり密着させて肺から空気を貯めて一気に吐き出すときにでる摩擦音を使用します。

 

くちびるは日本語の『く』と違い丸めたりはしません。力を入れずに半開きな感じのままで発音します。

 

違いは声帯を使用する有声音(g)か息だけて音を作る無声音(c・k)の違いです。

フォニックス・Gg

フォニックス・Ggの発音

 

舌と喉の使い方は日本語の『ぐ』と同じなのですが、くちびるは丸めずに力を抜いて半開きです。喉の奥に貯めた息を一気に吐き出して『グッ』と短く言ってください。

 

日本語では、グゥ~と言ってゥをつけてしまいますが、英語の子音の発音ではゥは厳禁です。
『グッ』とだけ短く発音しますと英語らしい発音になります。

 

一瞬の破裂音ですので、長く発音することはできません。日本語ですとグゥ~と長く言うことができますがgの発音はその点が大きく違います。

 

日本語との違いは -フォニックスとは-を参考にして下さい。

フォニックス・Cc・Kk

フォニックス・Cc・Kkの発音

 

舌と喉の使い方は日本語の『く』と同じなのですが、くちびるは丸めずに力を抜いて半開きです。喉の奥に貯めた息を一気に吐き出して『クッ』と短く言ってください。

 

このときに声帯は使わずに息の力で一瞬喉の奥を震わせて楽器にして『クッ』と出た音がc・kになります。

 

日本語では、クゥ~と言ってゥをつけてしまいますが、英語の発音ではゥは厳禁です。
『クッ』とだけ短く発音しますと英語らしい発音になります。

 

一瞬の破裂音ですので、長く発音することはできません。日本語ですとクゥ~と長く言うことができますがc・kの発音はその点が大きく違います。

 

日本語との違いは -フォニックスとは-を参考にして下さい。