話す英会話のkids-abc

フォニックス・Aaの基本

母音aの発音には、アルファベット発音とフォニックス発音の2つの発音があります。
アルファベット発音は文字通り『エイ』でフォニックス発音は日本語の『ア』と『エ』の中間音になります。
発音の長さからアルファベット発音を長母音(long Vowels)フォニックス発音を短母音(Short Vowels)などと言います

フォニックス・Aa

母音aのフォニックス発音は、日本語の『ア』とは違います。
日本語の『エを言う時にさらに唇の両端を左右に引っ張りながら『エ~』といいながら少し口を開きながら徐々に『ア』と言っていきます。

 

このときに『ア』になってしまう前の『ア』と『エ』の中間の音がaの短母音の発音になります。
最初のうちは慣れるまで、今までに聞いた事のない音ですので何かスッキリしないあいまいな音に聞こえてしまうかも知れませんが、慣れてくれば自然な音に変わります。

 

単語の中に母音の入っていない単語は存在しません。
ですから英語のaeiouはどの単語にも必ずどれかの母音が出てきますのでこの音が聞き分けられないと相手の言っていることは理解できず、またこれが日本人がネイティブの発音が聞き取れないおきな原因となっています。

 

英語の発音を日本語との違いは -フォニックスとは-を参考にして下さい。