話す英会話のkids-abc

look・see・watchの違い

ook・see・watch
日本語の「見る」に該当する代表的な動詞(verb)に look・see・watch があります。この3点は英会話でも頻繁に使用されまた多くの日本人にも知られている超有名な単語です。

 

しかし使用される頻度が多い分その意味も多彩です。辞書で調べるととても覚え切れな数の訳が並んでいます。
またこの一つ一つの訳を別々にネイティブが覚えているのかと言えば、そんなわけがありません。look はどこまで行っても look でしかネイティブにはないのです。

 

実際はそれぞれの単語の持つ基本的な感覚を元に意味の幅を広げているだけなのです。
もちろん実際の会話では、日本人もそうですが一々単語の感覚を考えながらそれぞれの単語を使用するなんて事はしていません。自然に考えなくても口から出ているのです。

 

ですが、そんな風に自然に会話ができるまでになる途中段階においては、辞書の中の数え切れない訳を全て覚えるよりは、その単語の基本的は感覚を身に付けた方がはるかに理解も早く、応用も利くようになるのです。

look

look は視線をある対象に向ける行為・動作を意味しています。その対象が見えているのか見えていないのかは分かりません。

 

Look!
・ ねえ。なあ。それごらん。
---相手に対して何かに注意を促す時に言います。lookの持つ、視線をある対象に向けさせる感覚がよくでています。

 

I'm just looking.
・ 見てるだけです。
---店員が May I help you.(いらっしゃいませ。)と言った後に答える代表的な表現です。その商品に顔が向いているだけで、興味はありませんのような感覚です。

 

Look at that flower.
・ あの花をみてごらん。
---相手に向かって花の方に顔を向けさせる動作を要求しています。

see

see は対象をしっかり見ていて、それが何であるのかを理解している状態をいいます。ですからseeは見えるだけではなくその対象が「分かる」「理解している」の意味でも用いられのです。

 

Can you see that flower ?
・ あの花が見えますか?(分かりますか?)
---相手にその花が見えていて理解しているのかを確認しています。

 

I can see a lots of fishes swimming in the pond.
・ 池にたくさんのの種類の魚が泳いでいるのが見えるよ。(分かるよ。)
---池の魚をしっかり見て理解している様子が伺えます。

 

I saw him last night.
・ 昨日の夜、彼を見たよ。(に会ったよ。)
---昨晩の彼をしっかり見て覚えています。。

watch

watch は時間を掛けて、その対象の変化や動きを注意深く「見ている」そんな感覚で使用されます。

 

Watch!
・ 見てろよ。(いまにわかる)
---注意深く時間を掛けて観察していなさいという感覚が出ています。

 

I watched that flower for a while.
・ しばらくあの花を見ていました。
---花を時間を掛けて観察していた。そんな watch の感覚がよく出ています。

 

I watched the baseball game on TV yesterday.
・ 昨日テレビで野球を見ました。
---一般的にテレビを見る時は、watch を使い、映画は see を使います。
映画は深く理解しながら見ているのに対して、テレビは深い理解よりもその中の動きをおもしろ楽しく観察している感があるからです。

look・see・watchの違い

look・see・watch をもう少し比較しながら理解を深めていきましょう。

 

A: Look!
B: what ?
A: Over there. That flower. Can you see ?
B: Yes,I can see. What beautiful flower that is ! A: Let's watch that flower for a while.

 

A: 見て!
B: 何?
A: 向こう。あの花。見える?
B: あぁ 分かった。何て綺麗な花なんだろう!
A: しばらく見ていこうよ。

 

---A の look で最初に B の視線を花に向けさせて、さらに方向を示しながら see で見て理解しているのか確認しています。

 

その後、花に気が付いた B に watch で時間を掛けて観察していこうと提案しています。
ここまででそれぞれの単語の感覚が少し理解できていますと、表現に応用がきくようになります。
たとえば look に前置詞(preposition)を付けてみますと、

 

・ look at
---at には空間・時間の1点を考える感覚がありますので、その1点を見る感じです。
・ look over
---over には上から全体を覆う又は上を通り超える感覚がありますので、上から全体的に見る感じからざっと調べるをいう意味になります。
・ look for
---for には、何かに対して向かう感覚がありますので、何かに向かって見る感じから探すという意味になります。
このようにlookに前置詞(preposition)の感覚が加わり新しい表現が出来てきます。

 

単語の基本的な感覚が掴めますと、次に辞書を見た時にも単に意味を暗記するのではなく頭の中で映像として残るようになり、やがては自然に口から出てくるようになるのです。
「見る」には、他にも独特の英語表現があります。
peep
---のぞき見する。
glance
---ちらっと見る。
gaze
---喜び・興味・愛情をもってじっと見る。いいなぁ〜と思いながら見る感じです。
stare
---驚き・軽蔑をもって目を見開いて凝視する。なんなんだこいつは〜て感じですね。
glare
---憎悪・反抗の意をもって見る。このやろう!て感じですね。
★ ここにある単語は特別なある状態を表現しており look・see・watch のように広くいろいろな意味で使用される事は無く、一度覚えてしまえばその表現の時のみに使用されるため簡単です。

 

「見る」を look・see・watch だけでなく、これらの単語も使用していけるようになりますと、表現豊かな厚みのある会話をする事ができるようになります。

look・see・watchの違い関連ページ

talk・tell・speak・sayの違い
英会話の基本から日常英会話、ビジネス英語、ポッドキャスト英会話、幼児英語まで、話す英会話を基本にご紹介
till/until・by・within・inの違い
英会話の基本から日常英会話、ビジネス英語、ポッドキャスト英会話、幼児英語まで、話す英会話を基本にご紹介
will・be going to・〜ing・現在型
英会話の基本から日常英会話、ビジネス英語、ポッドキャスト英会話、幼児英語まで、話す英会話を基本にご紹介