話す英会話のkids-abc

英単語類似表現

英単語はよく見ると、日本語では同じ言い方のものがいくつかの違った単語でその状況にあわせて使われることがあります。

 

see/watch/lookなどが言い例で、どれも日本語では「見る」で表現する事が出来ますが、英語では状況にあわせて使い分けしなければなりません。

 

またその逆もあります。
日本語では、私/俺/自分などと個人を言う時にいろいろな単語を使用しますが、英語では「I」のみです。
相手を言う単語も英語では、「you」のみですが、日本には、君/あなた/お前/自分など多様です。

 

ここでは、最初の英語に多くの種類があり日本語に無い形の単語のその使い方と意味の違いについて詳しく説明をしていきます。

類似表現集記事一覧

look・see・watchの違い

ook・see・watch日本語の「見る」に該当する代表的な動詞(verb)に look・see・watch があります。この3点は英会話でも頻繁に使用されまた多くの日本人にも知られている超有名な単語です。しかし使用される頻度が多い分その意味も多彩です。辞書で調べるととても覚え切れな数の訳が並んでい...

≫続きを読む

talk・tell・speak・sayの違い

talk・tell・speak・say日本語の「言う・話す」に該当する動詞(verb)の talk・tell・speak・say。英語学習の初期に覚える基本動詞なので、よくこれらの動詞を使用したセンテンスに接する機会が多く何となく自然に皆さんは使い分けているのですが、それぞれの動詞の違いは何ですかと...

≫続きを読む

till/until・by・within・inの違い

till/until・by・within・in日本語で「〜まで」にと言う表現に該当する前置詞(preposition)接続詞(conjunction)用法について少し勉強しましょう。よく使用する単語ですが、間違えて覚えている方が多いようです。

≫続きを読む

will・be going to・〜ing・現在型

will・be going to・ing・現在形日本の英語の授業で必ず習う未来形(future tense)には will=be going to 倒置問題なんかに出てきますが、もし意味が同じであれば一つでいいはずです。しかし、別の意味だからそれぞれが存在するのです。これらの未来を現すものには wi...

≫続きを読む