話す英会話のkids-abc

第五文型(S+V+O+C)

この文型の動詞は目的語と更にその目的語を補足説明する補語(目的格補語といいます)が必要となります。
第二文型と同様に、目的語(O)=補語(C)の関係にあります。
このように、目的語に補足説明がないと完結しない動詞を不完全他動詞と呼んでいます。
日本語的には(〜は〜が〜と---)※あくまでも理解を助ける基本イメージです。
多くの辞書には〔X〕と表記されています。

 

The news made me happy.
そのニュースは私を幸せにしてくれた。
---この文型の説明に必ず出てくるmakeの使い方です。
主語のThe newsをHis speechなどの違う名詞に、目的語のmeをher,him.usなどに、補語のhappyをsad.angryなどに変える事によりたくさんの表現を可能にしてくれます。いろいろ試して自然に口から出るようにしましょう。

 

I named my dog chako.
私は犬にチャコと名前をつけた。
---これは現実のお話で、私の飼っている犬はチャコと言います。つまらぬ話でスイマセン

第五文型(S+V+O+C)関連ページ

第一文型(S+V)
英会話の基本から日常英会話、ビジネス英語、ポッドキャスト英会話、幼児英語まで、話す英会話を基本にご紹介
第二文型(S+V+C)
英会話の基本から日常英会話、ビジネス英語、ポッドキャスト英会話、幼児英語まで、話す英会話を基本にご紹介
第三文型(S+V+O)
英会話の基本から日常英会話、ビジネス英語、ポッドキャスト英会話、幼児英語まで、話す英会話を基本にご紹介
第四文型(S+V+O+O)
英会話の基本から日常英会話、ビジネス英語、ポッドキャスト英会話、幼児英語まで、話す英会話を基本にご紹介