・ よく聞いて声を出そう。
abcの発音
・ 0から30までの数字を書いてみよう。 0から30までの数字
0から30までの数字
・ よく聞いて声を出そう。
数字の発音

やさしい英会話例
やさしい英会話を毎日!親子や仲間の間で使う事で、英語に慣れ、英語を発音するための筋肉が付いてきます。 しかし、何を会話したらよいのでしょう。みなさん悩むところだと思います。
そこで、場面を分けてかんたんな英会話の例を出しておきます。 まずはここからはじめてはいかがでしょうか。
やさしい英会話スタート!!
文法と聞いた瞬間に嫌になってしまうなんて方も多いのでしょうが、どんな言葉にも決まり事があります。
外人が、”私行きます貴方の家5時”なんて変な日本語を話したとします。もちろん会話は成立するのですが、この外人が日本語の決まり事(言葉の順序など)を理解していれば、全ての単語は話せているのですから、完璧な日本語が話せたはずです。
英語も同様に最低限の決まり事は知らなければいけません。けどご安心!中学生が習う英文法で日常会話は十分です。簡単ですからやって見ましょう。
中学生の英文法の役割
基本五文型
第1文型(S+V)  第2文型(S+V+C)  第3文型(S+V+O)  第4文型(S+V+O+O)  第5文型(S+V+O+C)
完了型
現在完了 過去完了
仮定法
仮定法過去  仮定法過去完了
使役構文
make  get  have  let
vcssvalid RSSsitemap
・ 英会話中に似た表現が頭に浮かんで、どれを使ったらいいのか迷う時がありませんか?
★類似表現とは、
look・see・watch  talk・tell・speak・say  till/until・by・within・in  will・be going to・〜ing・現在型 
・ いろんな表現を50音別で探せます。
うまく探している表現が出てこないときには同表現で違う言い方で探してみてください。
たとえば、満腹⇒腹一杯でも探してみるなどです。
★知りたい英語フレーズを50音で調べる 
あ行                   
・ 日常英会話で使用する身の回りの英単語を分かりやすく図を使って紹介
  人体  図形  自動車  自転車       
・ 日常英会話では数個の基本になる動詞がいろいろな意味を持って出てきます。
その意味はその時々で多種多様です。
基本動詞を使いこなせれば日常会話も楽々!
基本動詞の感覚 
get  take  give  make  have  be  go  come  put  run 
・前置詞・副詞の感覚をつかんで語彙力をアップ。
動詞は副詞を伴って色々な意味を持ちます。前置詞・副詞の感覚をマスターしておけば飛躍的に表現力が向上します。
基本前置詞・副詞の感覚
on  to  for  at  up&down  with  in  out  into  by  after  before  behind  from  about&around  within  without  under  against  across&along  between&among  since&during  over&above  through  below  off&away  of 
・英語を母国語としている国で、子供たちが最初に習うのがフォニックスです。
アルファべトabc...には、普段聞きなれているエイ・ビー・シー...のほかに発音としての別の音があります。日本の学校では習わないのですが、その音をフォニックスをいいます。
この発音を知る事により知らない単語でもある程度正確に発音が出来るようになるのです。
♠フォニックスとは 
b.p  s.z  c.k.g  t.d  f.v  m  n  l  r  x  h  j  w  y  q  a  e  i  o  u